草木の病気って?~芝と木に襲い掛かる病~

芝刈りや間伐・剪定を怠ると草木の病気につながる!

芝刈りをしないと様々な病気にかかる

庭の芝刈りや剪定、間伐などといったお手入れをきちんと行わないと、草木も病気になってしまいます。お手入れを怠っていると病気になる可能性が高いので、草木の病気について知りましょう。草木の病気には色々な原因があり、対策方法も様々です。 ""

草木の剪定や間伐をしないとこんな病気になります〜体験談から学ぼう〜

草木が健康的にすくすくと成長するためには、剪定は欠かせない作業となります。剪定を怠ったがために草木が病気にかかってしまうことがあります。では、剪定をしていないと、草木がどのような病気にかかってしまうのでしょうか。

根腐れしていました・・(50代/男性)

いつから根腐れしていたのかは分からないんですけど、木の状態がだんだん変わっていったんです。晴れているのに水をあげても他の木の部分より乾くのが遅くて、枝の部分も柔らかくなって元気がなくなってきました。しばらく様子を見ていたら、普通は緑の葉っぱのはずが黄色くなっていったのでやっぱりおかしいと思って調べたら根腐れでした。

木の幹に亀裂や穴が・・(40代/女性)

庭に大きめの木があるんですけど、今まで剪定とか手入れとかはしていなかったんです。でも自然に成長していって、気が付いたら幹の部分に縦状の亀裂が入っていたんです。反対側には穴も開いていて枯れたような状態になっていました。病気とは思っていなかったんですけど、木が倒れないか心配で業者に聞いてみたんです。そうしたら病気らしく、驚きました。

まとめ

せっかく植えた木や芝生も病気になってしまってはかわいそうです。芝刈りや間伐、剪定などを行うとこのような病気を防ぐことが出来ます。病気を発症しないためにも業者に依頼して芝刈りや間伐、剪定作業を行ってもらいましょう。 ""

TOPボタン